せつこのへや

せつこのへやで愛猫ジジと一緒に笑って楽しもう♪笑ってますか?

鶴見隆史、

腸スッキリ! 細切り寒天健康法 

腸は体の根っこだから食べたもので体が出来る

[鶴見 隆史]の腸スッキリ! 細切り寒天健康法 ボケや生活習慣病を防いで100歳になってもイキイキ生活!
腸スッキリ! 細切り寒天健康法 
ボケや生活習慣病を防いで
100歳になってもイキイキ生活!
鶴見 隆史 (著)

毎日うんちが出ないとどうもまずいようだ。
黄色でにおいもなくバナナのような大きさがベスト。
腸内環境や体の状態がうんちで全部わかってしまう。

たくさんうんちが出るようにするには、
寒天を食べる工夫をすることが大切である。
それによって、酸化や糖化が少し防げる。

今の食習慣で病気になる事を「食源病」と呼ぶ。

甘いものや肉などの高蛋白質をたくさん食べる、
だけど、野菜などの食物繊維は取らない。
それで、病気になったら薬を使うが・・・

薬は化学物質で体の酸化をさせ、免疫力を下げてしまう。
一番の薬は、正しい食生活と、断食なのだ。

そこで、寒天はお勧め食材なのだ。
寒天は、アレルギン酸やペクチンで血圧を下げてくれる。
これだけでも、毎日8g取らなきゃと思う。

高GI食(甘いもの)を食べると血糖値を乱高下させ
ますます食べたくなる悪循環を作る。これを防ぎたい。
最初に寒天を食べる事で血糖値スパイクを防げるらしい。

さて、今日から工夫して毎日寒天を食べよう。
どれだけうんちが増えるか、とても楽しみである。

世界の医師が注目する 最高の食養生

シュガークリスタルもルロー化も怖い

世界の医師が注目する
最高の食養生 単行本 – 2018/11/10
鶴見 隆史 (著)

赤血球のルロー化(くっつき現象で、毛細血管に栄養が行かなくなる)
更にシュガークリスタルは、タンパク質とくっついて体を糖化させる
酸化は錆び、糖化は焦げ、どちらにしても体を著しく老化させるのだ。

慢性病は食べ物によって作られている。

更に調理方法によっても作られるのだ。
肉を、焼く、炒める、揚げる、圧力鍋を使うはダメなのだ。
さて、蒸す、煮る、ゆでるはOK、もちろん生食は更に良い。

プラントフード、野菜などを
ローフード、生で
ホールフード、一個丸ごと
食べるのがお勧めらしい。

確かに酵素は低い温度で壊れるからそうなっていくのだろう。
理想の玄米食も、発芽させて水を取り替えないと体に
悪いものを取り込むようだ。

病気にならない習慣をいくつも上げている。
日光浴や歩く事、よく噛む事、小食、月数回の断食
動物性たんぱくは少しだけ、甘いものは極力避ける

一日1~2回の大便目指し、料理法、食習慣、
生活習慣を改善していこう。