せつこのへや

 せつこのへやで愛猫ジジと、一緒に笑って愉しもう♪

フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか

フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか

シスしていますか?

[堀内都喜子]のフィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか (ポプラ新書)
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
堀内都喜子 (著)

シンプルに心地よい生活、人間関係、そして仕事。
全てを工夫しシンプルにしていくからこそ出来る。

既にあるものを大切にし、活かしていく事を大切にしている
それは、自分の能力や時間をも活かしていく姿勢そのものだ。

「シス」という言葉は、頑張ると限りなく近いが異質。
似て非なるものだと思う。

シスは、自らが強い決意や気持ちだから、誰に強要もされず、
自分が選んだ選択肢の中から、〇〇したいからする!
頑張るとは、人目や他からの介入が結構あると感じる。

だからこそ、しっかり1か月休暇も楽しむし、7時間半以上の
睡眠時間も確保できるのだ。それは、集中し効率化された
仕事が支えている。女性も男性も仕事では効率よく働くのだ。

コーヒータイムが、仕事上のコミュニケーションを支える。
昼の時間の方が効率は高いから、コーヒータイムが義務化されている。お酒の席はほとんど無いのはお国柄だろう。

スピードを上げて自分の仕事もこなし、
自分が決めた休みを楽しみ、
自分らしくをしっかり理解してぶれずに生きて行こう。

・シスをする。(自分が選択し、したい!と思う事をする)
・自分にとって、やらされ感があるものを探し、なぜなのかを考える。
・シスの観点で自分の時間が何に使われているかを把握する。

時間簿の中で何が見えてくるか?ちょっと楽しみである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です